ゴンポリズム

読むこと、観ること、考えること。

海外文学

「納屋は燃える」『フォークナー短編集』(フォークナー)

10月19日、岩波文庫からウィリアム・フォークナー『八月の光』の新訳が出るとのことだ。これまで、この作品の邦訳は新潮文庫の加島祥造訳であった。訳もそれほど悪くはなかったし、何より一冊になっていたのは読みやすく嬉しかった(岩波の新訳は上・下二冊…